創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 物語ることと〈私〉

箱庭療法学モノグラフ 第4巻

物語ることと〈私〉

心理療法における物語の可能性

長谷川 千紘 著

刊行年月日:2015/10/16
ISBN:978-4-422-11474-3
定価:本体3,500円+税
判型:A5判
造本:並製
頁数:268頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

「物語」によるアプローチが通用しにくい症例を通じて
心理療法を支えてきたパラダイムを問い直す

心理療法において、内面を物語ることは基本的な方法とされてきた。しかし近年、この方法では治療が展開しない症例が多く報告されるようになっている。そこで本書では、「物語」によるアプローチが通用しにくいとされてきた心身症・身体疾患、特に甲状腺疾患を対象とした調査研究および事例研究によりその実像を明らかにするとともに、〈私〉という物語る主体に着目することで、心理療法の今後の展望を描き出すことを試みる。

刊行によせて
木村晴子記念基金について

はじめに

第1章 物語というパラダイムとその揺らぎ

第2章 物語ることの実像――大学生における「箱庭物語作り法」の検討
第1節 問題
第2節 方法
第3節 箱庭制作過程からみた「物語」の検討
第4節 物語制作過程からみた「物語」の検討
第5節 イメージを物語る――本章のまとめ

第3章 心身症・身体疾患と物語ることの問題――甲状腺疾患における物語の検討
第1節 問題――甲状腺疾患における物語
第2節 方法
第3節 バウムテストにみる甲状腺疾患の心理構造
第4節 甲状腺疾患患者の語りとその構造
第5節 「物語ること」と主体

第4章 〈私〉と物語ることの問題:物語における〈私〉の現れ――「私がない」ことを訴える青年期女性の物語の検討
第1節 問題
第2節 事例の概要
第3節 事例のプロセスの検討
第4節 考察――主体のあり方からみた物語

終 章 〈私〉の物語としての心理療法

引用文献
人名索引
事項索引
初出一覧
謝 辞

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]長谷川 千紘(ハセガワ チヒロ)
長谷川千紘(はせがわ・ちひろ)
1983年9月、愛知県生まれ。2011年、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学。京都大学こころの未来研究センター上廣こころ学研究部門研究員を経て、現在、京都文教大学臨床心理学部講師。博士(教育学)。臨床心理士。専門は臨床心理学。
論文に「箱庭療法における物語作り法の検討」(箱庭療法学研究,24(3),35-51,2012年)、「『語り』と主体――神経症と甲状腺疾患患者における語りの構造的特徴の検討」(箱庭療法学研究,26(3),51-63,2014年)、「物語における〈私〉の現れ――「私がない」ことを訴える青年期女性の夢の検討」(箱庭療法学研究,27(3),17-27,2015年)、「Psychological characteristics of the NEO-FFI and the tree drawing test in patients with thyroid disease」(Psychologia,56(2),138-153,2013年,共著)など。

関連書籍

ページ:1 / 3

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.