創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > 日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン

book

日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン

日本一の鉄道をたずねる旅

伊藤 博康 著

刊行年月日:2014/12/17
ISBN:978-4-422-24069-5
判型:四六判
造本:並製
頁数:256頁

鉄道好きなら知っておきたい知識がいっぱい。全100項目写真入り

鉄道好きなら一度は行きたい、知っておきたい、日本の鉄道に関わるナンバーワン、オンリーワンの数々を日本有数の鉄道趣味サイト「鉄道フォーラム」代表がご案内。日本一長い駅名、最長・最短のトンネル・鉄橋、最長複々線区間などお馴染みの日本一はもちろんのこと、国内唯一の鮮魚列車、オープンループ線、列車接続のある連絡船、可動橋など、日本でそこにしかないユニークな存在を蘊蓄を交えて解説します。写真多数掲載。

まえがき

地図索引

第1章 線路/橋梁/トンネル編

最長トンネル/最短トンネル/最長鉄道橋/もっとも高い鉄道橋/日本一のロングレール/最多スイッチバック数を誇る鉄道/最多Ωループ数の路線/四方向分岐がある現存唯一の平面クロス/三つのゲージを一気に渡る踏切道/日本一雄大なスイッチバック/日本一雄大なループ線/国内唯一のオープンループ線/現存する、自動車と並んで渡る橋/海を越える道路併用橋/川を渡らない橋/唯一現役の可動橋は重要文化財/自動車が渡るケーブルカーの踏切/日本一長~い運動場

第2章 路線編

もっとも急な勾配線区/高低差が最大のケーブルカー/最長・最短の路線[新幹線編]/最長・最短の路線[JR在来線編]/最長・最短路線長[鉄道会社別]/最長・最短路の路線[私鉄編]/最長・最短の路線[地下鉄編]/最長・最短路の路線[第三セクター鉄道編]/最長・最短の路線[鋼索鉄道編]/最長・最短の路線[モノレール編]/最長・最短の路線[路面電車編]/最長複々線区間/最長の盲腸線/運休日最多の鉄道事業者/鉄道事業者が運行する国際航路/日本一エコな乗り物、無動力インクライン/未成線を走る列車(?)/七路線すべてが別規格の鉄道事業者/踏切待ちする電車/唯一の地下鉄環状線/上り線と下り線が別会社の複線区間/廃線跡を使った観光鉄道線/通票閉そくの路面電車

第3章 列車・車両/車両展示編

最速の列車/最長距離を走る旅客列車/最長の列車/所有車両数がもっとも多い鉄道会社/最少保有車両数の鉄道事業者/もっとも定員が多い列車/もっとも重い鉄道車両/蒸気機関車列車がもっとも多い鉄道/現役でもっとも伝統ある列車名/日本一豪華な列車/電車王国日本だけの寝台電車と貨物電車/新交通システムで唯一のVONA/営業線で唯一の二軸車両/日本一遅い新幹線電車!?/ユニーク列車率ナンバーワンの鉄道/もと国鉄急行形が、急行として走る鉄道/蒸気機関車姿のディーゼル機関車!?/唯一現役のストーブ列車/現存する唯一の行商列車「鮮魚列車」/現存する、列車に接続する連絡船/日本一の運行本数を誇る連絡船/動輪が動く静態保存の蒸気機関車/除雪の歴史を語るキマロキ編成/現在唯一の浮上式リニアモーターカー/日本初のリニアモーターカー/これも鉄道……ガイドウェイバス/非電化線を走る電車/猫耳をもつ電車たち/和装アテンダントが乗る定期列車/日本一の鉄道博物館/世界一、日本でここだけが多数/日本一の蒸気機関車数を誇る梅小路蒸気機関車館

第4章 駅/きっぷ編

日本一高所にある駅、低所にある駅/日本の最果て駅/日本一のモグラ駅/もっとも長~い駅名と短い駅名/もっとも長~い駅間と、短い駅間/利用者がもっとも多い駅/最多ホーム数の駅/営業日数が最少の駅/茅葺きの駅舎/大木がホームを貫く駅/ホームに弥生時代の遺跡がある駅/日本一有名な猫駅長がいる駅/童謡と狸が出迎える電停/〝村〟にある新幹線駅/引き返すことしかできない駅/空港駅なのに、エスカレーターも階段もない駅/生原酒の売店が常設されている駅/国内最安エキナカ温泉に入浴できる鉄道/日本一安い初乗り運賃/もっともお得なフリーきっぷ/もっともお得な会員向けフリーきっぷが/もっとも豪華なフリーきっぷ/もっとも汎用性があるICカード乗車券/ICカード乗車券での最長旅/あえて自動券売機を置かない鉄道/JRグループ唯一の入場券専用自動券売機/日本で唯一の二四時間、四八時間フリーきっぷ

あとがき

※全100テーマのナンバーワン、オンリーワンを紹介。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]伊藤 博康(イトウ ヒロヤス)
伊藤博康(いとう・ひろやす)1958年、愛知県犬山市生まれ。(有)鉄道フォーラム代表取締役。
著書:『日本の“珍々”踏切』(東邦出版、2005年)、『最新調査 日本の“珍々”踏切』(東邦出版、2010年)、『鉄道名所の事典』(東京堂書店、2012年)など。

2015/01/15
昨年12月に刊行しました『日本の鉄道ナンバーワン&オンリーワン』に誤記・誤植があることが判明しました。ここにおわびして訂正いたします。訂正箇所は以下の3点です。誠に申し訳ございません。


-------------------------------------------

(1) pp.70-73 「最長・最短路線長[私鉄編]」


●見出し(p.70)

【誤】《最短》 近畿日本鉄道 八王子線 日永駅~西日野駅間 1.3km
   《最短》 南海電気鉄道 高師浜線 羽衣駅~高師浜駅間 1.5km

【正】《最短》 神戸高速鉄道 南北線  新開地駅~湊川駅間 0.4km
   《最短》 水島臨海鉄道 西埠頭線 三菱自工前駅~西埠頭駅間 0.8km


●本文(p.72上段)

【誤】 p.72上段の2行目から20行目までを削除、以下の文に差し替えます。
【正】 では、最短路線はどこでしょうか。これは、路線の定義によっていくつか候補が出てきます。というのも、線路をもつ会社が列車の運行を行う第1種鉄道事業者ばかりだと判りやすいのですが、実際には、JR旅客会社(第1種鉄道事業者)の線路を、JR貨物(第2種鉄道事業者)が走るケースがあります。さらに、上下分離方式といって、線路をもつ会社(第3種鉄道事業者)と、列車を運行する会社(第2種鉄道事業者)が違うケースが増えています。例えば、神戸電鉄の有馬線は新開地駅~有馬温泉駅と思いがちです。しかし、新開地駅~湊川駅間の0.4kmは神戸高速鉄道の南北線なのです。

 実は、この神戸高速鉄道南北線の400mが日本一短い路線です。でも、電車は直通しますし、駅を見ても違いが分かりません。次項で紹介する名古屋市交通局・上飯田線と似ています。そこで、明らかな独立線区とわかる最短路線を探しました。それは、岡山県の水島臨海鉄道にある西埠頭線0.8kmです。ただし、ここは貨物専用線です。


[ご参考] 差し替えスペースの都合上、上記の訂正文には含みませんが、私鉄の最短路線を再調査した結果、以下の結果を得ました。

神戸高速鉄道 南北線 0.4km (第3種事業者、第2種は神戸電鉄)
西日本鉄道 北九州線 0.6km (第3種事業者、第2種は筑豊電気鉄道)
名古屋市交通局 上飯田線 0.8km (地下鉄最短)
南海電気鉄道 和歌山港線 0.8km (和歌山市~県社分界点 *1)
水島臨海鉄道 西埠頭線 0.8km (貨物専用線)
京王電鉄 競馬場線 0.9km
東武鉄道 大師線 1.0km
西武鉄道 豊島線 1.0km

*1 県社分岐点~和歌山港は、和歌山県が第3種事業者で南海が第2種

-------------------------------------------

(2) p.140「電車王国日本ならではの寝台電車と貨物電車」


●上段14行目

【誤】 サンライズ出雲
【正】 サンライズ瀬戸


●上段15行目

【誤】 サンライズ瀬戸
【正】 サンライズ出雲

-------------------------------------------

(3) p.221「?村?にある新幹線駅」


●下段18行目

【誤】 岩城西郷
【正】 磐城西郷

-------------------------------------------


いずれも初歩的なミスで、誠に申し訳ございません。読者の皆様、関係各位に深くお詫び申し上げます。重版(増刷)の際に訂正いたします。

banar

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.