創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 大人の発達障害の見立てと心理療法

こころの未来選書

大人の発達障害の見立てと心理療法

河合 俊雄 編 / 田中 康裕 編 / 安念 直子 著 / 西谷 晋二 著 / 橋本 尚子 著 / 渡辺 あさよ 著 / 畑中 千紘 著 / 石金 直美 著 / 長野 真奈 著 / 岩宮 恵子 著

刊行年月日:2013/11/13
ISBN:978-4-422-11226-8
判型:A5判
造本:上製
頁数:256頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

さまざまな問題や症状に覆い隠された
大人の発達障害の核心に迫る。

近年増加が指摘され、治療も困難とされる大人の発達障害に対して、どのような見立てを持ち、どのようにアプローチすればよいのか。描画や箱庭、夢分析を用いた数多くの心理療法の試みと、発達障害の背景にある社会・文化的要因の考察を通じて、従来の「主体」を前提とした心理療法モデルに代わる、「主体」の成立を図る新たなアプローチを提示する。さまざまな問題や症状に覆い隠された大人の発達障害の核心に迫る。

目 次


第I部 概 説
第1章 大人の発達障害における分離と発生の心理療法
第2章 未だ生まれざる者への心理療法
     ――大人の発達障害における症状とイメージ

第II部 事 例
第3章 社交不安障害と診断された20代女性との心理面接
     ――絡まりがほどける時
第4章 発達障害傾向のある男性との心理面接
     ――夢分析における「私」が立ち上がるプロセス
第5章 アスペルガー障害と診断された10代男子との面接過程
     ――分離の契機という観点から
第6章 産婆としての心理臨床
     ――母と息子が個々の心を実感したプロセス

第III部 アセスメント
第7章 発達障害のロールシャッハ・テストにおける不確定反応
     ――主体と対象の確定の試み
第8章 発達障害的世界の理解のために
     ――描画・箱庭等の表現媒体を通じて
第9章 風景構成法に見る大人の発達障害の心的世界

第IV部 社会・文化的背景
第10章 家族関係の希薄化と密着化
第11章 「発達障害増加」と言われる裏側にあるもの
     ――絵本の代わりにタブレット
第12章 現代におけるユビキタスな自己意識
     ――サイコロジカル・インフラの消失と発達障害
第13章 発達障害の時代における自己の現況と変遷
     ――ミクシィからフェイスブックへ

註および文献
あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]河合 俊雄(カワイ トシオ)
河合俊雄(かわい・としお)
1957年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。PhD.(チューリッヒ大学)。ユング派分析家。臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。専攻は臨床心理学。著書『村上春樹の「物語」』『心理臨床の理論』『ユング派心理療法』(編著)『発達障害への心理療法的アプローチ』(編著)『思想家 河合隼雄』(編著)など。

[編]田中 康裕(タナカ ヤスヒロ)
田中康裕(たなか・やすひろ)
1963年生。上智大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(心理学)。ユング派分析家。臨床心理士。現在、京都大学大学院教育学研究科准教授。専攻は臨床心理学。著書『魂のロジック』『発達障害への心理療法的アプローチ』(共著)『心理療法とイメージ』(共著)『こころの科学の誕生』(共著)『「発達障害」と心理臨床』(共著)など。

[著]安念 直子(アンネン ナオコ)
安念直子(あんねん・なおこ)
1976年生。甲南大学大学院人文科学研究科修士課程修了。臨床心理士。現在、愛仁会看護助産専門学校スクールカウンセラー、春木レディースクリニック心理カウンセラー。専攻は臨床心理学。論文「人工内耳装用児の親の心理に関する研究」。

[著]西谷 晋二(ニシタニ シンジ)
西谷晋二(にしたに・しんじ)
1980年生。文京学院大学大学院人間学研究科修士課程修了。臨床心理士。現在、大正大学カウンセリング研究所相談員、山王教育研究所スタッフ。専攻は臨床心理学。論文「『異人』としてのスクールカウンセラー」「子どもの相談で来所された女性との面接過程」など。

[著]橋本 尚子(ハシモト ナオコ)
橋本尚子(はしもと・なおこ)
1968年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学。臨床心理士。現在、京都学園大学人間文化学部准教授。専攻は臨床心理学。著書『ユング派心理療法』(共著)、論文「ある摂食障害の事例に見られる現代の意識と心理療法の課題」など。

[著]渡辺 あさよ(ワタナベ アサヨ)
渡辺あさよ(わたなべ・あさよ)
1952年生。横浜国立大学教育学部卒業。臨床心理士。現在、七里ヶ浜心理臨床オフィス主宰。論文「軽度発達障害における『イメージと言葉の乖離』について」など。

[著]畑中 千紘(ハタナカ チヒロ)
畑中千紘(はたなか・ちひろ)
1979年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(教育学)。臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター上廣こころ学研究部門特定助教。専攻は臨床心理学。著書『話の聴き方からみた軽度発達障害』『発達障害への心理療法的アプローチ』(共著)など。

[著]石金 直美(イシカネ ナオミ)
石金直美(いしかね・なおみ)
1968年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学。臨床心理士。現在、大阪大学保健センター学生相談室准教授。専攻は臨床心理学。著書『学生相談と発達障害』(共著)『「発達障害」と心理臨床』(共著)など。

[著]長野 真奈(ナガノ マナ)
長野真奈(ながの・まな)
1973年生。甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程満期退学。臨床心理士。現在、京都女子大学学生相談室臨床心理士。専攻は臨床心理学。論文「解離にみるリアリティとの邂逅」など。

[著]岩宮 恵子(イワミヤ ケイコ)
岩宮恵子(いわみや・けいこ)
1960年生。聖心女子大学文学部卒業。臨床心理士。鳥取大学医学部精神科での臨床を経て、臨床心理相談室を個人開業。現在、島根大学教育学部教授。専攻は臨床心理学。著書『フツーの子の思春期』『思春期をめぐる冒険』『生きにくい子どもたち』など。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.