エジプトフィギュアコレクション アヌビス神 ツタンカーメン オベリスク ホルス神

ツタンカーメン[A]黄金の人型棺 R-001
古代エジプトの出土品の中で最も有名な、ツタンカーメン王の人型棺を精巧に再現。全身に施された紋様、黄金に輝く美しい彩色は、高さ41.2cmという迫力のサイズ、重量感と相まって、知的インテリアとして最高。古代エジプトの謎に魅かれる人ならば、見るたびに時空を超え心躍る気分になれるだろう。

高さ:41.2cm
台座:14×11.5cm
重さ:2.31kg
価格:定価(税込)9,180円

 

ツタンカーメン[B]パピルスの船 R-002
邪悪の象徴とされるカバを狩る神話の一場面を、王の姿で描いた躍動感あふれる像。古代エジプト人が使っていたとされる、幅の狭いパピルスでできた船に立つ若々しい姿はシックな黄金に輝き、台座にはヒエログリフが刻み込まれている。部屋に飾れば、神話のままに邪を狩り続けるツタンカーメン王の力を、畏れ敬う古代エジプト人の気分になる。

高さ:23cm
台座:17.5×5cm
重さ:520g
価格:定価(税込)3,780円

 

ツタンカーメン[C]カー立像 R-003
王墓の埋葬室へ通じる扉を守るように立っていた、等身大のツタンカーメン王のカー(精霊)の立像。ネメス頭巾をかぶり、右手にこん棒、左手に杖を持っている。まさに「秘宝」のレプリカである。細かな表面の細工まで忠実に再現。存在感は抜群だが、黒と金のシックな色合いで、飾る部屋を選ばない。

高さ:21cm
台座:11.5×5cm
重さ:400g
価格:定価(税込)3,780円

 

(黄金棺について)
奇跡的に盗掘をまぬがれた貴金属や宝石の物量は、想像をこえるものである。ツタンカーメン王の純金の棺は、もちろん貨幣に換算できない美術品だが、あえて金塊として時価で換算すると、およそ2億円にもなる。
------「ファラオ歴代誌」

古代エジプト・ファラオ歴代誌
エジプトを統一したスコルピオン王から最の女王クレオパトラまで、古代エジプト三千の歴史を描く。他書では読めない無名の王な185人の王のドラマチックな伝記!

定価(税込)3,564円
978-4-422-21512-9

詳細
  (墓について)
ツタンカーメンの墓は、王家の谷の中では一番小さい。しかし、素晴らしい品々であふれんばかりだった。彫像、寝台、椅子、長椅子、船の模型、戦車、武器、つぼ、櫃、さまざまな小箱、すべてが雑然と置かれていた。
細心の注意を払うカーターたちが埋葬室に達するには、じつに4年もの歳月が必要だった。ミイラを納めた棺は、黄金の縫い取りがある亜麻布に覆われた4重の、木製の厨子の中に入っていた。この厨子にも、また、黄金が張られていた。(略)石棺の中にはミイラをかたどった3つの棺が入れ子になっていた。外側の二つは象眼細工を施した金張りの木棺で、最後の棺は純金(1110kg)だった。
(カー立像について)
等身大のツタンカーメンの立像―木製で黒色樹脂と金ぱくでおおわれている。封じられたままの埋葬室へと通じる扉の両側を守るように立っていた。
------「古代エジプト探検史」

古代エジプト探検史
古代エジプトの文明は、アレキサンドリア図書館炎上を境に忘れさられていく。本書は、後代の探検家や学者がどのようにしてその知識を回復していったかを語る再発見の歴史。

定価(税込)1,728円
978-4-422-21092-6

詳細